ハフリーグ、イベントの域を超えネイバーを繋ぐ”架け橋”に

10月19日にハフコミュの第3回オンラインミートアップで、イベント部主催のハフリーグが開催された。仕掛人は、まっと(部長)を筆頭に、おかみ(サポーター)、レイニー(司会)、miiimo(fromタコパ会場)の4人。個性豊かなイベント部の精鋭たちが、HafHに関するクイズを12問出題した。参加者は、Zoomのバーチャル背景を使い、身体を動かしながらクイズに回答していく。優勝者には「ハフナレッジマスター」の称号が与えられ、文字通り「HafHに一番詳しいネイバー」になることができる。「イベントを通じてネイバーの繋がりを深めたい!」という想いのもと、まっととレイニーの軽快なオープニングトークで幕が上がる。

[pdf-embedder url=”https://hafhmagasin.com/wp-content/uploads/2021/11/a6d7835a661fe2f614c4bad636016225.pdf” title=”テスト問題”]

まずはテスト問題。まっと「HafHネイバーの皆さんには必ず正解してほしい!」と参加者の頭をほぐすクイズをドロップ。テスト問題から答えられなかったら…と参加者はドキドキさせられる。「HafHはある言葉の頭文字をとった略語であるが、何の略語か?」ふぅ。これはHafHを知っている人ならよく目にする、ネイバーたちの合言葉だ。正解は「Home away from Home」で「第二の故郷」という意味。HafHでの旅をきっかけに繋がり、第二の故郷ができる。テスト問題からHafHに込められた想いを振り返り、原点回帰することができた。

[pdf-embedder url=”https://hafhmagasin.com/wp-content/uploads/2021/11/86ffb17da9203516c7c84e99119dcd93.pdf” title=”第1問”]

HafHのコンセプトに改めて共感させられていると「簡単な問題ですみません!」とレイニーによる1問目がスタート。「HafHでは有料プランを3ヶ月継続するとVIP会員になれますが、VIP会員の特典の1つにはプラン付帯コインとコイン変換率がどちらも5%増える!イェスorノーでお答えください!」さすがはHafHプレミアム会員のレイニー。わかりそうでわからないギリギリのラインで、鮮やかに参加者を惹きつける。なんとなく10%だった気がする…とノーを選ぶと見事正解。「正しくは、プラン付帯コインとコイン変換率がどちらも10%増える」とのこと。さすがHafH。お得すぎる。HafHネイバーの中にも「思ったよりコインが増えてる」と感じたことがある人は、きっと多い。

[pdf-embedder url=”https://hafhmagasin.com/wp-content/uploads/2021/11/13f9ba14645866e17f8424da46bd961f.pdf” title=”第2問”]

グルメ部主催のタコパ会場から大歓声を背に登場したのはmiiimo。「これは簡単だと思いますよー!調べないでくださいね!」と問題を投下。「拠点数が多いのは、大阪or北海道?」イベント部のエリート部隊に死角なし。と言わんばかりの鋭い出題が参加者の思考をさらに掻き立てる。大阪は観光とビジネスが盛んで拠点数が多そう。でも北海道は全国一の広さだ…決めた。ここはビジネスと観光の両方が盛んな大阪をチョイス!miimo「正解は、北海道で40拠点でした!ちなみに大阪は38拠点です!」2拠点差…。やっぱり、北海道は広かった。早くも1問不正解でナレッジマスターへの道に暗雲が立ち込める。

[pdf-embedder url=”https://hafhmagasin.com/wp-content/uploads/2021/11/83215627724be632a10b77bf64226d97.pdf” title=”第3問”]

「イベント部はコアな方が多くて…」とまっとが切り出す。不参加のおかみに代わってクイズを出題するとのこと。「おかみくんの問題は全てHafH長崎関連でした!」と長崎のHafH拠点に泊まったことがない参加者たちがザワつく気配を感じる。「HafH Nagasaki SAIのコワーキングスペースには、長崎出身の画家・辻本兄弟の壁画があるが、彼らは双子である。イェスorノーで!」な、なんと、まさかのHafH長崎拠点に泊まったことがあるなしに関係ない超難問。クイズに参加していたハフコミュ運営メンバーも、これには頭を抱えているようだ…。「正解は、イェスでした!」さすがはイベント部サポーター。怪怪奇奇なエンタメ力の高さで、イベント部の層の厚さを見せつける。

[pdf-embedder url=”https://hafhmagasin.com/wp-content/uploads/2021/11/d95f3fcf9051d968d3422d99d8ff952c.pdf” title=”第4問”]

「HafHに関する質問に多く寄せられるものをピックアップしました!」とまっとが立て続けに問題をドロップ。クイズを通してネイバーの疑問に答える”サービス精神”がうかがえる。「HafH拠点の個室をカップルで使うことは可能である。イェスorノーで!」たしかにこれは気になるポイント。2人で泊まれたらお得だし、カップル以外でも、家族や友人を連れていくこともできる。希望も込めてイェスを回答。「正解は、イェスです!【同伴可】の記載があるホテルのみ。記載がない場合は、直接問い合わせてみてください!」とのことだ。一人旅もいいけれど、自分が自由でいられるのは誰かに支えてもらっているから。大切な人との思い出づくりもHafHを使えば一味違ったものになるかもしれない。

[pdf-embedder url=”https://hafhmagasin.com/wp-content/uploads/2021/11/decccc313efd8088e6fc5df27cf955ae.pdf” title=”第5問”]

あっという間に時間は流れ、12問目を終えたところで空気が一変。「実はハフコミュ運営からダークホースとして1問用意していただいています!」とのコールに合わせ、深い霧の中から登場(※イメージ)したのはダークホース・そんちゃん。「1泊あたり一番HafHコインを使うのは、どこの拠点でしょう?」選択肢は、HafHで泊まれる人気の高級ホテル。①メズム東京②BIO RESORT HOTEL&SPA③ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド。まっと「回答がわかれてますね!さすがダークホース!」イベント部の猛者達が繰り出す問題にも引けを取らないグッドクエスチョンだ。「正解は②のBIO RESORT HOTEL&SPAでした!」使用コイン数は2,950。サウナ付きのSauna Suite Cabin (同伴1名まで可)がHafHで一番の高級客室らしい。出題者のそんちゃんも訪れたことはないそうで、泊まったネイバーは伝説となりうるだろう。

ジャージ姿の体育祭のようなイベントという特別な時間は魔法をかけるように参加者の繋がりを深めていく。次にイベント部が何を仕掛けるのか、注目していきたいところである。なお次回の記事では、今回登場したイベント部の精鋭たちにハフコミュやイベント部にかける想いをインタビュー予定だ。

====
ハフコミュイベント部
まっと(部長)
おかみ(サポーター) Twitter/@kusuriokami
レイニー(司会) Twitter/@rainyeeee
miiimo(fromグルメ部たこパ) Instagram/@mooon6467
====
友情出演
そんちゃん(ダークホース) Twitter/@s__sonda
====

(※本記事の情報は2021/11/21時点のものです)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1995年、群馬県生まれ。HafH Magasin(ハフマガザン)エディトリアル・ディレクター。旅のサブスクHafHを使って、旅をしながら企画、執筆、編集など、メディアを育てる全過程を担う。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる