「旅のサブスクHafH」のサブスク大賞グランプリ受賞記念インタビュー!大瀬良社長が語るHafHの今までとこれから

Uncategorized

旅のサブスクHafH(ハフ)は、全国1010拠点以上のホテルに、毎月定額のサブスクリプションで宿泊できるサービスです。

「旅を日常に」というコンセプトのもと、航空・鉄道会社と提携し、移動の自由化にも取り組んでいます。

そんなHafHが、2021年12月8日に開催された「日本サブスクリプション・ビジネス大賞2021(通称:サブスク大賞2021)」で、見事グランプリを受賞しました!

そこで今回は、HafHを運営する、株式会社KabuK Styleの社長/共同創業者・大瀬良亮さんにインタビューを実施。

グランプリ受賞までの道のりや苦悩、これからのHafHについて、赤裸々に語っていただきました。

インタビューは、音声でもお楽しみいただけます。「大瀬良さんの生声で、HafHへの想いを聞きたい」という方は、以下のリンクからどうぞ!

大瀬良亮さん
株式会社KabuK Style社長/共同創業者。長崎県出身。2007年に筑波大学卒業後、株式会社電通入社。2018年2月、株式会社KabuK Style設立。2019年4月、HafHをローンチ。2019年9月、電通退社。2021年4月から(一社)日本ワーケーション協会・顧問も務める。(Twitter:@ryosera_jp)

聞き手:のだけい

HafHで旅する取材ライター。2021年8月からHafHを利用。『HafH Magasin(ハフマガザン)』というメディアを立ち上げ「旅をしながら自由に暮らす」をコンセプトに日々発信中。(Twitter:@kei_sonoda)

共同創業者が語る、HafHとは?

のだけい
のだけい

まずはグランプリ受賞、おめでとうございます!

 

今回は、サブスク大賞でHafHを知った方に、HafHの魅力やグランプリ受賞までの軌跡を伝えようという企画です!

大瀬良さん
大瀬良さん

ありがとうございます!よろしくお願いします!

のだけい
のだけい

まずは改めて、HafHってどんなサービスでしょうか?

大瀬良さん
大瀬良さん

初めて知る方からは、「HafHってどういう意味?」と、よく聞かれんですよね。

 

これは「Home Away from Home」の頭文字を取って、「第二の故郷」という意味なんです。

 

「旅先が第二の故郷になったらいいな」という想いが込められており、定額制(サブスク)で、5つのプランをご用意しています。

 

登録者には、プランに応じて「HafHコイン」が付与されます。コインを消費することで、宿泊・交通などの旅にまつわるサービスを、ご利用いただける仕組みです!

 

ワーケーションや自分へのご褒美に、大人気!

のだけい
のだけい

HafHは、2021年8月に「旅のサブスク」としてリニューアルしたんですよね。

 

それまでは、「多拠点居住」「コリビング」がコンセプトだったと思います。

 

改めて、どんな人におすすめのサービスですか?

大瀬良さん
大瀬良さん

サービス開始当初のHafHは、住まいの代わりに使ってもらうサービスでした。

 

リニューアル後は、より「旅」に特化したんですよね。

 

旅に興味がある全ての人が、簡単で便利に、お得に使えるサービスを提供しています。

のだけい
のだけい

私もワーケーションや気分転換したいとき、とてもお得に利用しています!

 

最近は、同じような利用スタイルのネイバーを、よく見かける気がしますね。

「ネイバー」=HafH利用者の通称
大瀬良さん
大瀬良さん

まさに、その通りなんです!

2021年は、ワーケーションでHafHを利用する方が、かなり増えました。

 

例えば、

・首都圏在住の方が、東京のホテルで仕事をする「レンタル社長室」

・ちょっとした遠出で自分へのご褒美に使う「ご褒美HafH」

などの利用スタイルです。

 

そういう意味で今年は、HafHを生活のメインに使う「旅慣れた方」だけでなく、「日常の質を高めるサポートに使ってくださる方」がとても増えています!

 

サブスク大賞受賞の理由は「リニューアル」と「新たな挑戦」

のだけい
のだけい

受賞理由は、「宿泊や移動をサブスク化して、旅をより簡単で便利にすることで、新たなライフスタイルを提案したから」でしたよね。

 

大瀬良さんは、HafHのどんなところが評価されたと思いますか?

 

 

大瀬良さん
大瀬良さん

一番は、「サブスク」という言葉と共に、サービスをリニューアルしたことが大きかったと思います。

 

というのも、サブスクという言葉を使うかどうか、かなり悩んだんですよね。

 

言葉の定義が曖昧なので、「泊まり放題」と勘違いしてしまうリスクがある、と考えていました。

 

でも、よりユーザーにわかりやすいサービスになると信じて「サブスク」という言葉を取り入れました。それが結果的に良かったのかな、と思います。

のだけい
のだけい

たしかに!

 

HafHは、泊まり放題ではないですよね。

大瀬良さん
大瀬良さん

もう一つ受賞理由を挙げると、旅行業界という巨大市場に、「サブスク」という新たな概念を持ち込んだことも評価していただきました。

 

2021年は、自粛により旅行業界が逆境にありました。そんな中、サブスクという新しいスタイルで、伝統市場にチャレンジしたことを認めていただけたんだと思います。

 

今後は、その期待にしっかり応えていきたいです!

サブスク大賞受賞までの苦悩

のだけい
のだけい

旅行業界が逆境の中、「旅のサブスク」がグランプリを受賞したことには、大きな意味を感じます。

 

グランプリ受賞までに、一番苦労したことは何でしょうか?

大瀬良さん
大瀬良さん

基本的には、どんな困難も、成長につながる良い経験だと思っているんですよね。

 

ただあえて言うなら、リニューアルする際は、初期の頃からHafHを愛用してくださっていたネイバーに、不安を与えないよう試行錯誤しました。

 

リニューアルしても、サービス開始当初からのネイバーを裏切るつもりは、決してありませんでした。

 

なので、「より良いサービスになることをどうすれば信じてもらえるのか」を、必死に考えましたね。

一人ひとりのネイバーと向き合うことで成長する

のだけい
のだけい

具体的に、どんなことをされたのでしょうか?

大瀬良さん
大瀬良さん

リニューアル当初は、毎日深夜に3時間くらいかけて、ネイバーからのメッセージに返信していました。

 

体力的にはハードでしたが、一人ひとりのネイバーと向き合うことがHafHの成長に繋がっているので、貴重な経験だったと思います。

のだけい
のだけい

私も、大瀬良さんがネイバーに寄り添いながら、HafHを運営されていると強く感じています。

 

ハフコミュで開催された「Osera Night」では、大瀬良さんがネイバーの声に耳を傾ける姿が、とても印象的でした。

ハフコミュ=HafH Comuunityの略称。HafHが運営する利用者コミュニティ。
大瀬良さん
大瀬良さん

運営側の意見だけでは、HafHの成長に限界があると思っています。

 

それに、ネイバーには温かいご意見をくださる方が多いんですよ!ただのクレームと、愛のあるご指摘は、声や文章に関係なくわかるんですよね。

 

あと単純に、ネイバーは個性的な方ばかりなので、話を聞きたいというのもあります(笑)

 

僕自身が、会社員だったこともあり、ネイバーとの会話が思わぬ方向に進んでいくのが、本当に楽しいんです!

のだけい
のだけい

同感です!

 

私も、ハフマガで個性的なネイバーを紹介するのが、とても楽しいんですよね。

 

でも、大瀬良さんがネイバーの個性を意外に感じられているのは、ちょっと驚きました。

大瀬良さん
大瀬良さん

意外というか、面白すぎて!(笑)

 

よく、個性を色で例えることってあるじゃないですか。

 

僕にとってネイバーは、「こんな色があるんだ」と思わせてくれる方ばかりです。

賞金100万円は「全額寄付」

のだけい
のだけい

グランプリを受賞して、変化はありましたか?

大瀬良さん
大瀬良さん

HafHのサービス自体に、大きな変化はありません。ただ、取材やお祝いしていただく機会が増えたことは、とても嬉しく思っています。

 

1つ変化があるとすれば、先日賞金100万円の使い道を、発表させていただいたことです。

 

大きな変化の際は、「どうすればプラスにできるか」を、常に試行錯誤しています。

のだけい
のだけい

賞金は、「旅を通じて多様性を体現するプロジェクト」を一般公募して、選ばれた企画に全額寄付するんですよね。

 

賞金の使い方は、どのように決めたのでしょうか?

大瀬良さん
大瀬良さん

HafHを運営する、株式会社KabuK Styleの「KabuK(かぶく)」には、「傾く」や「格好付ける」という意味が込められているんですよ。

 

だから社員たちには、「普通じゃつまらない」という変な美学があって(笑)

 

どこか傾いている、普通じゃない使い方を模索していました。

 

会社のSlackには、賞金の使い道を決めるためのスレッドがあって、何十個もの「かぶいた」アイデアが集まりましたね。

のだけい
のだけい

そうなんですね!

 

採用されなかったアイデアも、かなり気になります…!

大瀬良さん
大瀬良さん

例えば、「HafHのハッカソンを開催する」というアイデアもありました。

 

「HafHをもっとこうした方が良い」という意見を、その場でプラットフォームに反映する企画です。

 

ハッカソンは、いずれハフコミュで実現できたら面白いな、と考えています!

 

アイデアの提案者も、プログラマーもいると思うので。

ハッカソン=短期間でプログラム開発を行うイベント。

「子離れしないといけない」受賞後の心境の変化

のだけい
のだけい

サブスク大賞をきっかけに、大瀬良さんご自身の考え方は、どのように変化したのでしょうか?

大瀬良さん
大瀬良さん

「子離れしないといけない」と、思うようになりました。HafHは、自分にとって「子ども」というイメージがあるんですよね。

 

ただこれからは、僕の想いをHafHに乗せるのではなく、皆んなでHafHを育てていきたいんですよ。

 

「こういう風に使ってほしい」という考えは、エゴになってしまうので。

 

そうじゃないと、HafHは大きくならないな、と感じています。

「社会のインフラにしたい」大瀬良さんの野望

のだけい
のだけい

授賞式では、「サブスク業界を盛り上げていきたい」と仰っていました。

 

今後、HafHをどんなサービスにしていきたいのでしょうか?

大瀬良さん
大瀬良さん

HafHは、サブスクにすることで、「移動のインセンティブ」を生み出しています。

 

例えば、気になる旅行先があっても、「調べたり支払いをしたりするのが面倒」って、よくありますよね。

 

でも、サブスクで既に支払いを済ませているから、行ってみようかと思えるんです。

 

HafHで一歩を踏み出し、素敵な経験をしているネイバーは、沢山いると思います。

 

これからも、最初の一歩をHafHが後押しできたら嬉しいです!

のだけい
のだけい

たしかに!

 

HafHは、お得で便利なだけでなく、人生やライフスタイルを変えるきっかけになっていると思います。

 

ただのサービスではなく、新しいカルチャーを創っている感覚でしょうか。

大瀬良さん
大瀬良さん

それこそ、「社会のインフラにしたい」という野望があって!

 

旅行だけではなく、美味しいご飯を食べに行くとか、近場にふらっと出かけるときなんかにも、気軽に使っていただけるようにしたいんですよね。

 

10年後、あるいは20年後になるのかわかりませんが、もっと皆さんが使いやすいサービスにしていきたいと思います!

「決断力」が磨かれるHafH

のだけい
のだけい

「これからHafHを使ってみたい」という方に、メッセージをいただけますか?

大瀬良さん
大瀬良さん

ぜひHafHを使って、「自ら決断する練習」をしてみてください!

 

2021年までの世の中を見ると「正解」がわからない時代になったな、と思います。だからこそ「決断力」がどんどん重要になっているんですよね。

 

HafHの面白さは、どこでも定額で泊まれるのに「今月はこのホテルに泊まろう」と、自ら決断する練習になっているところです。

 

せっかく自分で決めたなら、良い機会にしたいと思いますよね。だから、旅先では普段と違うチャレンジをする方も多かったり。

 

そういう小さな経験を積み上げると、今まで見えなかったチャンスが見えるようになると思います!

HafHで人生に「新しい花」を咲かせて欲しい!

のだけい
のだけい

私もHafHを使うことで、日々新たな自分に出会えていると感じます!

 

最後に、ネイバーへもメッセージをいただけますか?

大瀬良さん
大瀬良さん

皆さんの熱量が凄くて、本当に嬉しいです!

 

サービスを作った側からすると、戸惑いがあるくらいで。

 

まさに、「うちの子を、こんなに愛してくれてありがとう」みたいな(笑)

 

とはいえ、HafHにはもっと使いようがあると思います。

 

これからも、遠慮なくHafHを使い倒していただいて、皆さんの人生に新しい花を咲かせてください。期待しています!

のだけい
のだけい

お忙しい中、本当にありがとうございました!

 

もしHafH拠点で大瀬良さんを見かけたら、お声がけしても良いですか?

大瀬良さん
大瀬良さん

もちろんです!

 

近くにあるドリンクを、一杯ごちそうしますよ(笑)

HafHのサービス詳細・ご登録はこちら
プラン付帯のコインに追加して、今すぐ使える100コインをプレゼント!

コメント

タイトルとURLをコピーしました